TOP > ブログ >  i-voteユーザ事例のインタビュー

i-voteユーザ事例のインタビュー

こんにちは、ソリューション事業部の山崎です。

先日、北参道駅にある某公益社団法人様へ、当社のクラウド選挙システム「i-vote」の事例制作のためのインタビューに伺ってきました。

(i-vote製品紹介サイトへ)

ivote_rogo

こちらの公社様は日本全国に10万人の会員を擁しており、代議員制を敷いておられます。「理事役員選挙」と「代議員選挙」を2年に1回実施されており、こちらで「i-vote」をご利用頂いております。

当初はマークシート用紙を用いた郵送選挙だったそうですが、数万人規模の選挙となると数千万円のコストと大量の手作業が掛かっていたとのことで、数年前からいち早くウェブ選挙システムを導入されていました。

当社では、「i-vote」の前身となるスクラッチ開発した選挙システムをご提供していましたが、「i-vote」のリリースと同時に乗り換えて頂きました。つまり、「i-vote」の最初のユーザ様となります。

リリースして間もないシステムへの乗り換え、また専用のスクラッチシステムからクラウドシステムへの移行ということで、やはり当初は不安もあったとのことですが、実際に「i-vote」で選挙を終えた段階で会員の方々からは「非常に使いやすい」との評価を頂けたとのことで、結果的にはシステム移行は大成功となりました。

また、選挙管理事務局の側としても、「立候補プロフィールの承認ワークフロー」や「一斉メール配信」など、スクラッチシステムでは無かった機能を利用して、より簡単かつ迅速に選挙運営が出来たとの評価も頂けました。

一方で、こちらの公社様には20代から90代まで様々な年齢層の方が所属されており、やはりITリテラシーに大きなギャップがあるため、中には「分かりにくい」という意見もあったとのことです。

こうした声をこまめに取り入れ、製品・サービスの価値を高めていきたいと考えています。

 

こちらの事例は10月末頃に公開予定です。お楽しみに!!