TOP > ブログ >  プロダクトに通っている血

プロダクトに通っている血

ソリューション事業部の山崎です。

2016年も2月が終わろうとしていますが、新年初回の更新です。。

新年早々の大阪出張3Daysから発生した「りぽかんセットアップ管理」の新規受注や
選挙クラウド「i-vote」のセミナー、プロモーション、導入支援
新規クラウドサービスの設計、旧プロダクトのリニューアルなどなど
多忙な年初を過ごしておりました、、というのは更新出来ていない言い訳ですね。

さて、当社は他社やVC(ベンチャーキャピタル)の資本が入っていない、
完全独立の会社であります。顧客も大手ベンダーやエンドユーザなど
多様ではありますが、特定の取引先に依存しているわけではありません。

このように表現すると、すごくバランスが取れた会社のように受け取れるでしょうが、
逆の表現をすると「資金はすべて自分たちで稼がなければならない」
「取引先・顧客はすべて自分たちで開拓しなければならない」ということになります。

何の資本的・キャリア的なバックボーンが無い会社が自社製品・サービスを
独自に開発して販売していこうというのは、本当に難しい訳です。
人材、お金、技術、設備、アイデア、根気を会社全体で育てていく必要があります。

幸い、当社は複数の自社製品・サービスを社内開発し、一部上場の大企業様や
大手のSIベンダー様をお客様とすることが出来ています。
自社開発プロジェクトは人材育成の場としても非常に有効であり
「道場」的な役割も持っています。

しかし、ここに至るまでには計り知れない時間・お金・労力と
過去に在籍していた者も含む、多くのメンバーの血と汗と涙が投じられているわけです。

人材と技術があっても資金が無ければ投資は出来ません。
資金があってもアイデアが無ければ良い製品・サービスは作れません。
継続して投資を行える環境を作るには、一朝一夕では成し得ないわけです。

ですから、私たちが開発する製品・サービスには、多くのメンバーの血が通っています。
開発に直接携わるメンバーは、決してこのことを忘れてはならないと思います。

と、いうことを強く感じる出来事がありましたので、今回のようなブログをアップしました。
さて、2016年も3月に入ります。花粉症に負けず、頑張ります!